アレクサンダーテクニーク

〇〇メソッドって、どうなの?


こんにちは、川浪です。

アレクサンダーテクニークに限らず、身体に関するメソッドはたくさんあります。

生徒さんから「〇〇メソッドってどうなんですか?」と聞かれることもよくあります。

正直なところ、実際にやったわけではないので、聞かれてもわかりません。笑

しかし、そういうメソッドに関して、僕なりの判断基準はあります。

具体例をあげるのは控えますが、

正しい姿勢は、これです。

正しいやり方は、これです。

これをすれば、良くなります。

みたいな断言系のメソッドは、あまり役に立ちません。

僕がそのように考える理由は、必要な動きや姿勢は、状況によって異なるからです。

演奏するフレーズによって、必要なことは変わりますし、同じフレーズであっても、楽器の調子や、演奏するシチュエーションによっても、変わってきます。

また、個人差の問題もあります。

体の大きい人と、小さい人が、同じ動きで良いわけがないし、もともとの癖も違います。

たまたま条件がマッチすれば、効果がある人もいるでしょう。

しかし、それでは再現性がありません。

自分がうまくいったからといって、他の人も同じようにうまくいくとは限らないのです。

では、僕のレッスンで何を伝えているかというと、「目的を達成するために、必要なことを導き出すプロセス」です。

我ながら、このプロセスは信憑性が高いと思っていて、その証拠に、どんな楽器の、どんな課題であっても、改善することができます。

レッスンでは、実際の課題に落とし込んでお伝えすることができるのですが、ブログでは、なかなか個別の例について触れることができません。

しかし、基本的な考え方は、このブログでお伝えしている通りです。

全てを書ききれてはいないですが、特に出し惜しみもしていません。

身に付けるには、ある程度の時間がかかりますが、一度身に付ければ、忘れることもありませんし、何にでも応用することができます。

そのようなメソッドこそ、伝える価値があると思っていますし、たとえ、とっつきにくかったり、一般受けしないとしても、これからも伝え続けたいと思っています。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京