アレクサンダーテクニーク

【動画】身体は頑張っている時の方が、上手くいってません


こんにちは、川浪です。

新しい動画をアップしました。

今回の動画では、手をあげる、という簡単な動作をしながら、身体をどう使えば効率的か、ということをレッスンしています。

動画を見てもらうとわかると思うのですが、身体の使い方が上手くいっている時の方が、少ない労力で、高く手を上げることができます。

世間的には、楽器を演奏することは、大変なものだ、と思いこんでいる人も多いです。

例えば、身体を故障して、整形外科などに行くと、たいてい「演奏を控えましょう」と言われます。

しかし、実際には、演奏するという行為そのものが大変というわけではなく、わざわざ大変な身体の使い方を選択している、ということです。

そして、大変な身体の使い方は、すなわち効率的ではない、と言うこともできます。

ですから、身体で無理をしているな、と感じるときは、今よりも楽に演奏できるというだけでなく、演奏そのものを向上させる可能性があることを知っておいてください。

動画の視聴はこちら

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京