アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーは一人でできるようになるのか?


こんにちは、川浪です。

レッスンをしていると「本当に一人でも出来るようになるのでしょうか?」という質問をよく受けます。

レッスンを受けた多くの方が、身体の使い方が変わることによって、演奏が良くなる経験をします。

これまでよりラクに弾けるようになったり、弾きにくかったフレーズが弾けるようになったり、音色が良くなったり、などです。

しかし、その場では上手く弾けても、レッスンから帰って一人で弾いてみると、中々レッスンの時と同じようには弾けず、上記のような質問が出てくるわけです。

これに対して、僕がいつもお答えしているのは、レッスンを受け始める前と比べると、ずいぶん変わっていますよ、ということです。

レッスンを受けたのが2,3回ならともかく、半年から1年といった単位でレッスンを真面目に受講されていれば、ほぼ間違いなく、受講前に比べると、演奏が改善しているはずです。

そうお伝えすると、たいていの場合「そう言われると、そうですね」と納得していただけます。笑

にも関わらず、自分一人で実践するのは難しいと感じてしまうのにも、レッスンの構造自体に理由があります。

身体の使い方には、自分で意識的にコントロールできる領域と、そうでない領域があります。

意識的にコントロールできる領域は、早い話が、ふだんの身体の使い方ですね。

これを繰り返しているだけでは、いつまでたっても変わりません。

ですから、レッスンでは、僕が直接手を触れてガイドすることで、あなたのいつもの使い方とは違う状態を体験していただきます。

そうして、ふだん意識できてない領域を知ることで、徐々に意識的にコントロールできる領域が増えていきます。

つまり、レッスンの度に、あなたが意識できていない領域をつきつけられるのです。笑

だから、毎回、出来ない気分を味わうというのは、レッスンの構造上、そうなっているので、そこまで気にする必要はありません。

気にせずに、しばらくレッスンを受けていると、その時、一人では無理だと思っていたことが、気がつけば自然と出来るようになっています。

僕自身も、自分の体の使い方に関して、未だにそのプロセスを行っています。

日々、自分の身体を観察して、新しい気付きがあれば、今度はそれをいつでも出来るように取り組みます。

だから、自分の身体に、これまで知らなかった使い方があるとわかっても、あまり落ち込まずに、ラッキーくらいに思ってください。

そのくらいの気持ちでレッスンを受講したほうが、習得のスピードも早くなりますから。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京