アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーを学ぶと、省エネになって太る?


こんにちは、川浪です。

先日のランチ会で、こんな話題が出ました。

「アレクサンダーテクニークをやってると、太るんじゃないか?」

確かに、僕のレッスンでは、「必要のない力を手放しましょう」と言います。

必要のない力を手放すと、省エネになって太ってしまう、というイメージを持ってしまうかもしれません。

ナマケモノとか、脱力系という言葉が似合いそうですね。笑

しかし、これは大きな誤解です!

僕のレッスンで言うところの「必要のない力」とは、いったい何なのでしょうか。

歩く、という動作を例に説明したいと思います。

歩くために必要なことは、脚を動かすことです。

(他にも、腕を振ったりなどありますが、説明をシンプルにするために省略します)

しかし、これ以外にも関係のないところで、力を使っていることがあります。

よくあるのは、ついつい首に力が入って固めてしまっている、など。

どれだけ首に力を入れて固めても、脚を動かすことと関係がありません。

それどころか、首を固めると、脚を動かすのにブレーキをかけてしまいます。

これが、必要のない力です。

つまり、必要のない力とは、目的となる動きを妨げる力のことです。

これを手放すとどうなるか。

本来、動かしたいのは、脚です。

脚の動きにブレーキをかけている力を手放すので、よりたくさん脚を動かすことができます。

必要のない力を手放すと、より活発に動くことが出来るようになります。

だから、太る心配はいりません。

もちろん、アレクサンダーテクニークを学ぶと、痩せるというわけでもありません。笑

僕自身は、アレクサンダーテクニークを学ぶ前から痩せていたし、太っているアレクサンダーテクニークの先生もいます。

体型は、普段の食事や、運動量などが大きく関係しています。

ただ、運動やエクササイズを行う時に、アレクサンダーテクニークで学んだことを応用すれば、より効果的になることは間違いないですね。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京