アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークが身につかない人の特徴


こんにちは、川浪です。

これまで沢山の方にレッスンをしてきて、アレクサンダーテクニークを身につけやすい人と、そうでない人の違いが分かってきました。

今回は、身につくのに時間がかかる方の特徴を紹介します。

それは、練習しない、です。

レッスンを受けて、その場で上手く出来たとしても、何もしなければ、いつもの癖に戻ろうとする力が強く働きます。

たくさんレッスンを受ける人でも、せいぜい週一回です。

レッスンを受けてない時間の方がはるかに多いので、その間に何もしなければ、身につくわけがありません。

身につかない方のもう一つの特徴として、その場で理解しようとする、というのもあります。

「説明としてはわかった。しかし、感覚として、理解できない」とおっしゃる場合が多いです。

しかし、これは当たり前の話です。

感覚として理解できているなら、もうレッスンを受ける必要はありません。

感覚として理解できるのは、練習を積み重ねた、もっと先の話です。

説明として理解が出来たなら、とりあえずやってみる。

やっているうちにだんだんと理解が出来てきて、次のステップに進むことができます。

これまでのレッスン経験や、僕自身が習得してきた経験からも、明らかです。

もちろん、これはアレクサンダーテクニークの習得に限った話ではありません。

演奏でもそうですし、あらゆる技術の習得に、共通した話ではないでしょうか。

この話を、当たり前だと思う方は大丈夫ですが、こんな話は初めて聞いた、という方がいらっしゃったら要注意です。

そもそもアレクサンダーテクニークを学ぶ、というのは、ある程度の時間がかかるものです。

(とはいえ、数回のレッスンでずいぶん変わる方も多いですが)

レッスンに向かう姿勢で、よけいな時間を使うことのないようにしてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京