体験談

アレクサンダーテクニーク実践インタビュー:ヴァイオリン奏者鈴木由佳さん


こんにちは、川浪です。

新しい動画をアップしました。

今回は、川浪のレッスンを受講されているヴァイオリン奏者の鈴木由佳さんに、インタビューを行っています。

鈴木さんは、フリーランスの奏者としてオーケストラや室内楽などで演奏される他、レッスン活動もされています。

鈴木さんは、元々、他のアレクサンダーテクニークのレッスンを受講されていましたが、習ったことがあまり本番で使えるような実用的な方法ではなく、逆にストレスを感じることもあったそうです。

演奏活動を続ける中で、演奏時に身体に力が入ってしまうのを何とかしたい、と思い、改めて川浪のレッスンを受講され始めました。

川浪のレッスンを受講されてからは、本番で使いにくい、というようなストレスはなく、身体の使い方が変わることでこんなに音が良くなるのか、と実感されたそうです。

他にも、レッスンをする時にもそれまでとは違う視点の指示ができるようになり、生徒さんの音も良くなったり、演奏する時の身体の使い方について、考え方そのものが変わったり、という経験もされたようです。

川浪と他のアレクサンダーテクニークのレッスンはどこが違うのか、
鈴木さんが実際にどのようにレッスンで学んだことを活かしているのか、ぜひ動画を視聴ください。

視聴はこちら

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京