アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニーク的に小顔を考えると


こんにちは、川浪です。

今回は、アレクサンダーテクニークレッスン的に、小顔について考えてみました。笑

小顔の条件の一つは、もちろん骨格の大きさです。

もちろんアレクサンダーテクニークで、骨格を変えることは出来ません。

しかし、筋肉の使い方を変えることで、見た目の印象を変えることはできます。

以下に、3つのポイントを説明します。

1,目を大きく開ける。

目を大きく開ける方法については、前回の記事で説明しました。

目の面積が広くなることで、相対的に顔が小さく見えるはずです。

2,噛みしめを減らす。

噛みしめる筋肉の一つに、咬筋があります。

これは下あごについている筋肉です。

触ると、噛みしめる時に横にふくらむのがわかります。

不必要な噛みしめをやめることで、顔が細く見えるようになります。

3,あごのたるみをへらす。

あごを引くことで、たるみが出来てしまいます。

あごを引くこと自体が、悪いのではなく、引き方の問題です。

あごを引くという動作は、頸部(首の骨)の動きです。

特に、首の根元ではなく、首の高い位置を上手く使うことで、首のたるみを防ぐことができます。

以上、3つに注意してみてください。

ちなみに、僕のレッスンを受けている方は、これらを特に意識しなくても、見た目の印象がスッキリされる方が多いです。

身体の使い方が変わると、顔だけでなく、全身の見た目の印象も変わってきます。

演奏でステージに立たれる方には、意外と重要なポイントですね。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内
・レッスン体験談
・アクセス
・無料メルマガ

お問い合わせはこちら