体験談

グループレッスンレポートをお届けします


こんにちは、川浪です。

先日、グループレッスンを開催しました。

今回は、まったく初めての方から、僕のレッスンを5年(!)受講されている方まで、楽器も管弦打と様々な方にご参加いただきました。

楽器によって、共通する悩みもあれば、全く異なる悩みもあります。

しかし、技術的なことは違えど、演奏するためには、あくまで身体を使う必要があります。

どのように身体を使えば、よりよい演奏ができるのか。

その根本的な部分が、どの楽器でも共通しています。

個人レッスンでは、あなたの楽器や、元々の身体のクセにもとづいて、最適な身体の使い方をお伝えしていますが、グループレッスンで、他の方々のレッスンを見ることで、その根本原理を理解する助けになるはずです。

いただいた感想を紹介します。

ーー

初めてだったので、とても緊張しました!

腕を正しい位置から動かしたので、いつもより楽器の重さを感じずに持てました。

説明とそれを実際に行うのとですきまがあり、もう少し受けてみたいと思いました。

正しいことを脳に覚えさせることばかりが良い方向につなげていくとは限らない、というお話が面白かったです。

ーー

グループレッスンは初めてでしたが、人前で演奏することで、自分のクセがより認識しやすかったです。

ありがとうございました。

Iさん

ーー

ふだん管楽器に接することがないので、楽器により悩みや特性が違うんだなと感じた。

ふだんのレッスンでは聞けない視点でのお話も聞けたし、復習もできたし、自分の気づかない問題点もあり、とても楽しかったです。

また機会があれば受けたいです。

Nさん

ーー

改めて基礎から学べてよいと思います。

自分はレッスンを受け始めてから長いですが、他の人のレッスンの見学もできて二度おいしい!

ちょっとしたテクニックで、音色、表現を変えるアドバイスはスバラシイ。

瀬良和司さん

ーー

グループレッスンを受ける前に、他の方の体の様子や音が変化するのを感じられたらよいなと思っていましたが、それを実感することが出来ました。

管楽器の方のレッスンは、直接自分の演奏に役立てられそうですし、弦の方の悩みなどは初めて聞くものだったので、興味深かったです。

Mさん

ーー

以上、たくさんの感想ありがとうございました!

今回初めて参加された方は、アレクサンダーテクニークの本を読んで、自分なりに試したもののうまくいかず、実際に体験してみようと思った、とのことでした。

僕自身もこうして、文章や動画で情報発信をしていますが、やはり結局は実際にレッスンを体験するのが、身体の使い方を習得するための最短コースです。

自分の身体の使い方を見直して、思い通りの演奏を実現したい、という方は、ぜひ一度レッスン(個人orグループ)にお越しください。

次回、グループレッスン開催の予定は、決定次第、お知らせさせていただきます。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京