体験談

一音の説得力が、以前とまったく変わりました。


こんにちは、川浪です。

レッスンを受講中の、広目亮さん(ジャズベーシスト)の体験談を紹介します。

photo1

・レッスンを受けたきっかけ

学生の頃から、ウッドベースを弾き始めました。

当時は、フォームにはほとんど無頓着でした。

ベースのレッスンを受けていた先生からは、フォームのことはあまり言われず、たまに指導があっても、なかなか取り入れられることができませんでした。

アレクサンダーテクニークのレッスンを受ける前は、具体的にどんなことをするのか、イメージはありませんでした。

レッスンを受けると、楽に弾けるらしいということは聞いていました。

ベースを長時間、弾き続けていると、スタミナが持たず、腱鞘炎のような症状が出ることが悩みでした。

何かプラスになればいいなと思い、受けてみることにしました。

・レッスンを受け始めて

最初のレッスンから、楽に弾ける感じがありました。

何度かレッスンを受けていると、体全体で音を出す感覚がわかってきました。

考え方も変わってきて、姿勢やフォームを気にするようになりました。

無理な動きがなくなり、手や首の痛みがよくなりました。

ベースの先生にも音が良くなったと言われました。

特に、指先だけでなく、体全体を使って引く感覚が役に立ちました。

一音の説得力が、以前とまったく変わりました。

・レッスンについて

説明がわかりやすいです。

感覚だけでなく、骨格の説明もあり、イメージがつかみやすいです。

専門用語をあまりつかないところも、わかりやすいです。

先生はベーシストではありませんが、ベーシスト目線になろうとしてくれるように感じます。

姿勢やフォームなど、一方的に押し付けるのではなく、こちらがどう弾きたいかを尊重して、柔軟に対応してくれます。

・おすすめする人

ミュージシャン全員におすすめします。

絶対プラスになる要素があります。

体全体で演奏することで、音に説得力が増すと思います。

レッスンを受ける前は、自分が指先で弾いていることに気付きませんでしたが、一度、体全体で弾く経験をしたことで、変わることができました。

ベテランのプロ奏者は、自然にたどり着いているんだと思います。

若手の方や、これから楽器を上達したいと思っている方には絶対オススメです。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京