体験談

二回目のレッスンのあと、今まで弾けなかったパッセージがパッと弾けた


こんにちは、川浪です。

新しい動画がアップされました。

アレクサンダーテクニーク実践インタビューとして、藝大フィルハーモニア:ヴァイオリン奏者の福井彩花さんにお話を伺っています。

今回の動画では

中学生の時にアレクサンダーテクニークをはじめて知った。

楽器って練習するだけだと思っていたので、斬新。

グループレッスンより、個人レッスンがよい理由。

レッスンを受けてから、思考がまったく変わった。楽器を弾いていない時も。

二回目のレッスンのあと、今まで弾けなかったパッセージがパッと弾けた。

楽器を触りたいと思う理由が、いままでと変わり、本番に対する向き合い方も変わった。

本番での緊張が嫌だったのが、新しいことを試したいという気持ちになった。

楽器のレッスンで腑に落ちないことが、アレクサンダーテクニークのレッスンでスッキリする。

川浪は心が読める!?

ヴァイオリンをやってないのに、どんな具体的な質問でも答えてくれる。例えば、オーケストラスタディのセカンドヴァイオリンの細かい動きとか。

クラシックのレッスンで教える、巧妙なごまかし方。

ブログで、こんなに書いていいの?と思うくらい、出し惜しみがない。レッスンと同じ内容が書かれている。

絶叫マシン、激辛、起業家、意外な共通点とは。

といった内容について、話しています。

視聴はこちら。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京