雑記

川浪の今後の展望について


こんにちは、川浪です。

先日からご案内していたマスターコース説明会の動画ですが、申込定員に達しましたので、公開を終了させていただきました。

参加される方々、おめでとうございます。

このコースでは、僕がこれまで1,000人以上の音楽家の方にレッスンする中でつちかった、身体の使い方に関するレッスンノウハウを全てお伝えします。

これを知ることで、もうこれ以上、誤った情報やあいまいな指導にまどわされることはなくなるでしょう。

それから、自分自身の演奏に役立てるだけでなく、それを効果的に伝える方法もお伝えします。

あなたの生徒や、お仲間にも、このコースで学んだことを伝えてください。

それは、とても価値のあることだと思います。

公開期日の前に定員に達したので、タイミングによっては、参加を検討していたのに見れなかった方もいらっしゃいます。

申し訳ありませんが、また次回の募集を楽しみにしていてくださいね。

今回は、川浪の今後の展望について、少しお話します。

独立してレッスンを始めてから、現在六年目です。

おかげさまで、レッスンを受講される方も順調に増えており、今年中には、個人レッスンで引き受けられる限界に達する見込みです。

一人でレッスンをしている以上、必ずどこかで限界は来ますし、限界を越えてまでレッスンしようという気はありません。

僕は、ただレッスンすれば満足、ではなく、レッスン内容をさらに高めるために、まだまだ勉強したい分野がたくさんあります。

最近も、心理学系の講座を受講することにしました。

それから最近は全くできていませんが、僕自身の演奏活動も、いずれ再開したいと思っています。

そんなこんなで、僕が直接レッスンできる人数には限りがありますし、そこまで達したら、今度は教え方を教えるという方向や、レッスンでお伝えしている考え方を広く伝えるという方向へシフトしていくつもりです。

今回開催するマスターコースも、その一環ですね。

今後、どうなっていくのか、まだ具体的にはわかりませんが、僕の個人レッスンが受けられるのは、もしかすると今のうちだけかもしれませんね。

ご興味のある方は、ぜひお早めにお越しください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京