アレクサンダーテクニーク

思ったとおりの演奏ができない、本当の理由


こんにちは、川浪です。

「思ったとおりの演奏ができない」

というのは、多くの方に共通する悩みです。

他にも、

・先生に指示されたとおりに演奏できない。

・あの人と同じように演奏したい。

など、同様の悩みもあります。

言われた通りにやってみても、上手くいかない。

それどころか、体を痛めたりすることもあります。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。

一つの原因は「やること」ばかりにフォーカスしているからです。

例えば、

・指を速く動かす

・息を吐く

・音色を安定させようとする

などです。

演奏をする時には、日常動作と違う何かをやる必要があります。

しかし、同時に不必要なこともやっています。

よくあるのは、

首を固めていたり、

肩や腰に余計な力が入っていたり、

などです。

これらを手放さずに、やることばかりにフォーカスするのは、ブレーキを踏んだまま、必死にアクセルを踏んでいるようなものです。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、まずあなた自身を観察することがスタートします。

今から演奏するに当たって、余分な力を使っていないか。

そして、それを手放していきます。

今までかけていたブレーキを外すことで、今までと同じ努力で、今まで以上の結果を出せるようになります。

その上で「やること」にフォーカスすると、さらに良い結果が出せるようになります。

自分一人で演奏していて、「上手くいかないな」と感じた時には、さらにがんばろうとする前に、不必要ながんばりを手放せないか、じっくり観察してみてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京