アレクサンダーテクニーク

新しい経験は、その場で理解できなくていい


こんにちは、川浪です。

いつもレッスンをしていて、生徒さんの身体の使い方に変化が起きると

「変わったのはわかります。でも、どう変わったのかわかりません」

という反応をされます。

それに対して「どう変わったのかは分からなくていいですよ」とお答えしています。

なぜかというと、身体の使い方が変わった、ということは、これまでの癖ではない新しい体験をした、ということです。

分かる、分からない、という判断は、ほとんどの場合、過去の経験に照らし合わせることです。

つまり「分かった!」と思ったら、変わってない可能性を疑ったほうがいいです。

新しい経験は、その時点では分からない、という方が正しいのです。

新しい経験も繰り返せば、過去の経験になりますので、後になれば、そういうことだったのか、と理解できるようになります。

慣れてくると「よく分からないけど、変わったからOK」という感覚がつかめてきます。

この感覚は、アレクサンダーテクニークに限らず、何かを習得するためには、共通する感覚だと思います。

ぜひ、心の隅にとどめておいてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京