アレクサンダーテクニーク

最近、レッスンで大事にしていること


こんにちは、川浪です。

最近、レッスンをしていて、特に心がけていることがあります。

それは「いまだ気づいていない、身体の使い方の可能性を提示すること」です。

この図を見てください。

S__19431426

身体の使い方には、認識しているしコントロールできる部分(メロンパンの部分)と、認識しているがコントロールできない部分(メロンパンの周り)があります。

例えば、「演奏する時に力が入っているのはわかるけど、上手く手放すことができない」とか「調子のいい時は上手く演奏できるけど、調子が悪いと上手くできない」とかそういった部分です。

これに対しては、認識している部分を上手くコントロールできるように訓練する必要があります。(メロンパンを大きくする)

S__19431427

これまでレッスンしてきて、この方法は、ほぼ確実にお伝えすることが出来ると思っています。

僕のレッスンを受けてくださっている方は、数回のレッスンで当初の悩み(痛みがある、とか)が解決される方も多いです。

で、問題はここから先です。

自分で気づいていることに関しては、自分でできるようになります。

しかし、自分で気づいていないこと(星の部分)は、いつまでたってもできるようになりません。

S__19431428

余計な力が入っていることに、そもそも気づいていない、とか、自分の身体にこんな動きができるとは想像もしていない部分です。

さらに身体の使い方を改善していくためには、この部分を広げる必要があります。

S__19431429

もちろん、丁寧に時間をかければ、自分ひとりでそれに気づくことも可能です。

しかし、それはかなり難しいし、どうしても時間が掛かります。

当たり前ですが、自分で気づいていないことに気づくのは難しいのです。

そこで、レッスンでは、それに気づいてもらうことに、重点を置いています。

このブログで何度も書いていますが、僕は(ほぼ)24時間365日、身体の使い方を探求しています。

あなたが自分で取り組むよりも、はるかに多くのリソースを、そこに注いでいます。

というわけで、レッスンで直接お伝えしたほうが圧倒的に速いことは、間違いありません。

自分の身体にこんな使い方があったのかと、あなたが想定もしなかったことをお伝えすることを念頭にレッスンをしています。

そして、自分の身体について、使える部分が増えれば増えるほど、演奏で表現できる幅も広がっていくことは間違いないでしょう。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京