体験談

本で知っていたつもりだったのですが、体験しながらだと、理解度がまったく違います。


こんにちは、川浪です。

今回は、レッスン体験談を紹介します。

山北

モーラー奏法の指導でも有名な、ドラマーの山北弘一さんにレッスンを受講していただきました。

山北さんは、共通の知人から紹介してもらいました。

同じ大阪出身ということもあり意気投合し、お互いレッスン交換をさせていただきました。

僕もモーラー奏法には興味があったので、とても勉強になりました^^

山北さんに、アレクサンダーテクニークのレッスンレポートを書いていただいたので、紹介します。

最初のレッスンは、椅子に座り、立ち上がる動作の観察から。

まずはいつも通りに立ち上がり、その時の筋肉の使い方、体重移動の様子などを自分で観察、川浪さんに説明します。

「モモ裏を使っている」とか、「足裏にかかる体重がつま先に向かって移動している」とか、そんな感じで言葉にして報告。

次に、頭の位置や背中の状態など、いくつかアドバイスをもらい、姿勢を少しずつ変えていきます。

川浪さんは、ほんの少しだけ頭や背中に触れてくれます。

すると、自然と背中の力が抜けて、力みのない姿勢に。

「はい、ではもう一度立ってみましょう。」

ということで立ち上がってみると・・・

おお~!さっきよりラクに立てる。

さっき使っていたモモ裏の感覚が少なくなっており、動作感覚が明らかに違います。

そこから、なぜそうなるのかという理屈の説明。

首の状態が体全体に影響するというお話を、図や模型を使ってわかりやすく説明してくれました。

本で知っていたつもりだったのですが、体験しながらだと、理解度がまったく違います。

いやー、やってよかった。(笑)

川浪さんの観察眼は素晴らしく、他にもたくさん、クセを指摘していただきました。

特に首、肩、股関節についていくつも指摘、ヒントをいただき、どんどん取り入れさせていただいています。

結果、前にもまして、力の伝え方が上手くいくようになっています。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京