アレクサンダーテクニーク

本番で緊張して、上手く演奏できない時の対処法


こんにちは、川浪です。

「本番で緊張してしまって、ふだん通りの演奏ができない」

アレクサンダーテクニークのレッスンを受講される方で、このような悩みを抱えている方は、とても多いです。

緊張してしまうのは、主にメンタル的な部分が原因です。

「失敗したらどうしよう」

「下手だと思われたくない」

「どうしても成功させたい」

といった思考が、緊張を引き起こします。

一般的なメンタルトレーニングでは、そういう考えを手放しましょう、と説いています。

しかし!

そう簡単に手放せるなら、誰も苦労しません。

では、レッスンではどのようにお伝えしているでしょうか。

緊張すると、必ず身体にも反応が起こります。

例えば、首や、背を固める、といった反応です。

そのため、ふだん通りの演奏が出来なくなるわけです。

まずは、身体の反応に、意識を向けてみること。

そして、それを手放すように、レッスンでは指導しています。

頭の中で起こっていることは、目に見えないので手放しにくいです。

それに比べると、身体の反応は手放しやすいです。

そうすることで、緊張していたとしても、ふだん通りの演奏を発揮できるようになります。

緊張しないようにするのではなく、緊張していても上手くやる方法をお伝えしているわけです。

ちなみに、緊張していても、上手く対処できる方法を身につけることで、自然と緊張そのものも手放せるようになってきます。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京