アレクサンダーテクニーク

楽器の練習が楽しくなった方法


こんにちは、川浪です。

アレクサンダーテクニークのレッスンを受講される方から、「日々の練習が楽しくなった」という感想をいただくことが、よくあります。

「これまで敬遠していた曲や、フレーズにも挑戦する気になってきた」と言っていただけると、本当にうれしいですね。

楽器問わず、これまで一通りのことはやってきて、行き詰まりを感じている方は、特にそういった感想を抱かれます。

楽器や音楽の指導では、「おなかに力を入れて」とか「できるだけ脱力して」とか、抽象的で曖昧な指示がされることが多いです。

そうではなくて、アレクサンダーテクニークのレッスンでは、身体の使い方を学ぶことで、出来ないことがなぜ出来ないのか、それを克服するにはどうすればよいか、筋肉や骨格の知識も踏まえて、具体的な情報をお伝えすることができます。

これまでどうしても出来なかったことを、克服する具体的な方法が分かれば、練習が楽しくなるのも、当然といえば当然ですね。

ちなみに、僕自身はというと、独立してレッスンを始めてからの数年は、自分の練習にあまり力を入れてきませんでした。

しかし、最近は仕事にも余裕が生まれ、ある程度の時間を確保できるようになりました。

また、自分のレッスンルームでいくらでも練習できるという、恵まれた環境を活かさない訳にはいかない、と思い、レッスンの合間に時間を見つけては、日々楽器の練習を重ねています。

それが苦しいわけではなく、本当に楽しく練習しています。

新しいことを練習するたびに、自分の身体には、こんな使い方もあったのか、と新しい発見があり、それをまた日々のレッスンに還元するという、好サイクルが生まれています。

ギターも順調に上達している感があるので、一通りの楽器を弾けるようになる計画も、現実感をおびてきました。

(以前書いた記事のリンク。気持ちは変わっていません。今読むと、勢い余ってる感もありますが。笑)

というわけで、日々の練習に行き詰まりを感じている方は、アレクサンダーのレッスンを受講されると、練習が楽しくなるのではないか、という華麗な宣伝で〆させていただきます。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京