アレクサンダーテクニーク

楽器演奏に筋トレは必要か?


こんにちは、川浪です。

先日、レッスンで「楽器演奏に筋トレは必要か?」という質問がありました。

僕の結論を先に言うと、「必要ない」です。

そもそも、なぜ筋トレをしようと思うのでしょうか。

おそらく、思い通りの演奏が出来ていないからだと思います。

だから、筋肉を補って、思い通りの演奏をしよう、という発想でしょう。

しかし、現状、思い通りの演奏ができていないのは、筋肉が足りないからではありません。

ほとんどの場合、効率の悪い筋肉の使い方をしていて、必要な筋肉が働いていないからです。

だから、アレクサンダーテクニークのレッスン中に身体の使い方が変わると、その場で音が変わったり、楽に演奏できるようになったりします。

その場で筋肉が鍛えられた、とは考えにくいので、重要なのは、必要な筋肉に働いてもらうことです。

ここで筋トレの話に戻ります。

身体の使い方の癖は、ほとんどいつも同じです。

演奏時に、効率の悪い筋肉の使い方をしているということは、筋トレでも同じような使い方をしてしまいます。

つまり、筋トレをすればするほど、効率の悪い筋肉ばかりを鍛えてしまうわけです。

では、必要な筋肉を鍛えたらいいのでは?という疑問を持つ方がいるかもしれません。

確かにそうですが、実際問題、他に優先することはたくさんある、と思います。

それに必要な筋肉を使って演奏していれば、自然とその筋肉は鍛えられていきます。

だとしたら、筋トレに時間を割くのは、投資対効果が低いのではないでしょうか。

というわけで、よっぽど時間に余裕があるか、筋トレが大好きという方以外は、筋トレをする必要はない、というのが僕の結論です。

重要な事は、身体の使い方を改善して、必要な筋肉を働かせてあげることです。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら