アレクサンダーテクニーク

演奏する姿勢を変えようとしても、うまくいかない理由


こんにちは、川浪です。

先日、チェロの方にレッスンした時の写真です。

これがレッスン前の写真。

上半身が、身体を支えている座面より、後ろよりのバランスになっています。

これだと、姿勢を維持するのに余分な力を使っており、腕の動きに制限があります。

そこで、このように弾いてもらいました。

こうすると、腕が使いやすくなり、弦も押さやすくなった、との感想をいただきました。

「でも、、、ずいぶん前かがみになっている感じがします」

とのこと。

客観的に写真を見ると、afterが前かがみというより、beforeがむしろ後ろに反っているように見えます。

では、なぜ前かがみになっている感じがするのか。

それは「感じ」というのは、ふだんの自分のクセを基準にしているからです。

普段、後ろに反るクセがあれば、その状態を基準にしてしまいます。

いつもの状態よりも、前にいったら、それが良いバランスであっても、前かがみになっている「感じ」がするのです。

これが演奏の姿勢、動きを変えようとする時に、一番のネックになるところです。

普段の弾き方と変えてみて、客観的にはいいバランスに変わったとしても、主観では普段とは違うので、変な感じがします。

結局、いつもの感じを求めて、元の弾き方から変わることが出来ません。

ですから、弾き方を変える時には、「感じ」を当てにするのではなく、実際に弾きやすいか、疲れにくいか、いい音が出ているか、など、別の判断基準をもつ必要があります。

その上で、新しい弾き方を繰り返し経験することで、徐々に自分のクセから抜け出すことができます。

☆年末に大阪セミナーを開催します。

2017年12月29日(金)13時半~16時半

詳細はこちらをクリック

☆レッスン料金改定前にお得にレッスンを受ける最後のチャンスです

詳しくはこちら

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京