アレクサンダーテクニーク

演奏時の体の緊張を手放す方法


こんにちは、川浪です。

前回の記事で、「鍛えようと思う前に、まず邪魔になっている体の動きを手放すことが重要」という話をしました。

どうやって手放すのかについて、もう少し詳しく解説します。

まずは、演奏している時の、自分のからだの使い方を観察してみましょう。

すると、どこかに力が入ってると感じることがあると思います。

例えば、肩に力が入っているとします。

なぜ、そこに力が入るかというと、単純にいえば、そこに意識が集中しているからです。

そこに意識が集中するあまり、そこだけで頑張ろうとするから、必要以上に力が入ってしまいます。

アレクサンダーテクニークで目指すのは、全身がバランスよく使える状態です。

そのために必要なことは、自分の体全体に意識が向いていることです。

つまり、肩に意識が集中しているということは、それ以外の所に意識が向いていないわけです。

肩以外とは、頭、首、胴体、脚、腕、指など、全身です。

体全体が使えるということを思い出して、意識を向けると、一部分に集中していた余分な力を手放すことが出来ます。

まとめると、

自分の身体のどこに力が入っているか観察する。

力が入っている部分に意識が集中しているので、それ以外の全身を思い出す。

全身に意識を向けつつ、もう一度やってみる。

という流れになります。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら