アレクサンダーテクニーク

生まれて初めてクラリネットを吹いてみた(動画あり)


こんにちは、川浪です。

生まれて初めてクラリネットを吹いてみました。

その時の動画です。

はっきり言って下手ですが、教えていただいた方に、クラリネット歴5分にしては上手すぎる、と褒められました。笑

普通は、音を出すのも一苦労だそうです。

(ちなみに、管楽器の演奏に必要なことについては、こちらの記事を参照)

なにも、下手くそなクラリネットを公開したかったわけではありません。

クラリネットを吹いてみたことには、理由があります。

それは、音楽家により良いレッスンを提供するためです。

レッスンをしていて、よく言われることは、「〜〜(楽器名)を演奏したことがないのに、〜〜の悩みを解決できるなんてすごい」ということです。

なぜそれが出来るかというと、「演奏法」を教えているわけではなく、「演奏法の方法」を教えているからです。

しかし、単純に考えて、演奏法も知っていれば、より良いレッスンが出来ます。

実際、ドラム歴が長いので、ドラムは他の楽器より、遥かに深く理解しています。

また、ピアノやギターをかじったことは、明らかにレッスンの糧になっています。

というわけで、より良いレッスンを提供するために、一通りの楽器を経験しておこう、と決意しました。

実際に、演奏を経験することで、その楽器特有の悩みや、演奏上の課題、それに対する解決策まで、より深く理解できるようになると思います。

新しい楽器を経験することは、楽器への理解というだけでなく、僕自身がアレクサンダーテクニークを実践するという意味でも有効です。

僕のレッスンでお伝えしていることは、プロの音楽家や、音大生など、演奏を専門的に学んだ方でも、役に立つといってくれます。

逆に言えば、僕がレッスンで伝えている内容は、他では、なかなか得られないということです。

音楽家に、このレッスンを伝えていくことは、人生をかける意義が十分にあると思っています。

独立した当初は、いかに稼ぐか、ということが重大な問題でした。

そのため、すぐに儲かりそうな話に飛びついたこともあります。

儲け話は、ものすごい魔力があります。

わりと最近も、美容関係に手を出そうとしていました。笑

しかし、現実には、そんなに簡単に儲かる話などありません。

儲けようと思えば、それなりの労力を費やす必要があります。

一人で仕事をしているので、手を広げると、まったく労力が足りない、ということを、ようやく理解してきました。

それよりも、一つのこと、よりよい演奏をするための身体の使い方、という軸をぶらさずに、その一点に労力を費やそうと思い至ったわけです。

決してラクな道のりではないと思いますが、まだまだ人生は長いです。

残りの人生をかけて、より良いレッスンを提供すること、より多くの方にレッスンを提供すること、この二つを推進していきたいと思います。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京