アレクサンダーテクニーク

生まれて初めて人前でピアノを弾きました


こんにちは、川浪です。

先日、生まれて初めて、人前でピアノの演奏をしました。

ドラム、パーカッションは、はるか昔から演奏しているので、今さらそんなに緊張はしませんが、ピアノは今回初です。

どんな感じになるのか想像もつかず、本番までの日々をドキドキしながら過ごしていました。

いざ、本番になってみると、緊張してたとは思うのですが、悪い緊張ではなく、いい緊張感。

演奏が大きく崩れることもなく、楽しく演奏でき、演奏を聴いてくださった方からの評判もよかったです。

「緊張を克服してうまく演奏できる方法」を教えている身として、面目は保てたのではないかと思います。笑

ところで、今でこそ、人前で演奏しても、人前で話しても、そんなに緊張してボロボロになるということはありませんが、元からそうだったわけではありません。

本当に初めてバンドでドラムを演奏してときは、左足がガクガク震えて、ハイハットのペダルを踏めなかったことを覚えています。

それから何年もたって、東京に来たばかりの年に、100人近い参加者の前でセミナーをする機会があり、その時も、マイクを持つ手が震えていました。

しかし、東京に来たときには、アレクサンダーテクニークで学んだ身体の使い方を実践していたので、震えていたものの、なんとかセミナーを乗り切ることができました。

今でもまったく緊張しないというわけではありませんが、それが問題となることはほとんどなくなりました。

ただ、アレクサンダーテクニークで身体の使い方を学べば、どんな問題でも解決するわけではありません。

そこで、アレクサンダーテクニークで何ができて何ができないかを、改めて説明します。

まず「本番で緊張してうまくいかない」というのがどういう状況かというと、

・練習の時の仕上がりが80なのに、本番では40の力しか発揮できなかった

ということですね。

これを、本番でも80の力を発揮できるようにするのが、アレクサンダーテクニークでお伝えできることです。

練習での仕上がりが40なのに、本番で急に120の力が発揮できるわけではありません。

それから、もう一つは、どんなに練習時間を重ねても、80以上の仕上がりにならない、ということもありますよね。

この理由は、同じことを繰り返し練習しても、同じ結果しか得られないからです。

演奏を良くするということは、出す音を変えるということです。

音を出すためには、身体を使うしかありません。

ということは、

演奏が良くならない

出す音が変わらない

身体の使い方が変わっていない

ということです。

同じ身体の使い方で、繰り返し練習しても、演奏に慣れるという意味でしか、効果はありません。

よりよい演奏を目指したいというのであれば、身体の使い方から見直していく必要があるんですね。

というわけで、ざっくりまとめると、

・本番で自分の実力を発揮できるようになる
・練習での行き詰まりを克服できる

というのが、アレクサンダーテクニークにできることです。

「うまく演奏するには練習するしかない。それで無理なら才能がなかったと諦めるしかない」

というのが一般的な考えかと思いますが、その壁を超えるために、とてつもなく有効な手段です。

今回は、総論的な話になりましたので、個別具体的な内容も、引き続きお伝えしていきますね。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京