体験談

練習をいくらやっても解決しないことが、一回のレッスンで解決してしまうことが、アレクサンダーのすばらしいところ。


こんにちは、川浪です。

先日、といってもだいぶ前ですが^^;

ご案内していた、アレクサンダーテクニークの講座を開催しました。

音楽家以外の方も参加されて、朗読や、ふだんの楽な座り方など、アレクサンダーテクニークをどう使うかについても、お話させていただきました。

感想の一部を紹介します^^

photo1 のコピー 2

ーー
練習をいくらやっても解決しないことが、一回のレッスンで解決してしまうことがある点が、アレクサンダーのすばらしいところ。

(Nさん)
ーー
自分の骨格を意識するだけで、カラダがラクになることにおどろきました。

具体的な気付きとしては、胸の周りや背中が広がって呼吸がしやすくなったり、かたやお腹のあたりの余計な緊張がなくなりました。

(大澤昌範さん)
ーー
楽器のコントロールがしやすくなりました。

弓をコントロールできる範囲が、弓の中央付近から、弓全体に広がった感じがしました。

また、弓を持っている感じも、押し付けている感じではなく、自然に力が加わる感じになりました。

セミナーを受講されている、他の皆さんを見るのも大変参考になりました。

(Fさん)
ーー
私は背中のツッパリが常に気になっているので、みんなの前でなにかやる時、背中に意識しすぎて、体全体、もしくは自分の体の軸を忘れがちなんだなぁということに気づきました。

今度からは体の緊張が気になっても、そのことは気にせず、体の軸など全体のことを感じれるようにしたいです。

(Kさん)
ーー

明日はジルミュージックスクールで、ワークショップを開催します。

こちらは満席です。

あと、6月には開催予定の講座が二件あります。

こちらも、詳細がわかれば、こちらのメルマガよりご案内させていただきます^^


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京