アレクサンダーテクニーク

胸式呼吸はダメ、腹式呼吸がよいってホント?


こんにちは、川浪です。

昔からよくある呼吸指導に

「胸式呼吸はダメ、腹式呼吸がいい」

というものがあります。

胸を膨らませないように、とか、肩を動かさないように、みたいな指導をしているようです。

この指導には、特に根拠が見当たりません。

そもそも呼吸のメカニズムは、肺が膨らむと息を吸って、縮むと息を吐く、というものです。

肺自体には、大きさを変えることができないので、そのために、

1,横隔膜が動く

2,胸郭が動く

という二つの方法で呼吸を行っています。

この1を腹式呼吸、2を胸式呼吸と呼ぶわけですが、どちらがよい悪いということはありません。

胸式はダメ、と思い込んでいると、本来使えるものを使わないので、呼吸が苦しい、息のスピードが足りない、といったことが起こりやすくなります。

どちらも使うことができるので、両方使ったらいいだけです。

もちろん、歌唱や、管楽器の演奏は、通常の呼吸とは違うので、個別に呼吸の仕方はあります。

しかし、楽器も様々、演奏も様々なので、実質的には全てのパターンを分析することは不可能です。

呼吸の問題について、これまでレッスンをして来た限りでは、呼吸法をあれこれ考えるよりも、余計な思い込みを手放すだけで、問題が解決することがほとんどです。

まずは、胸式、腹式といった区別をすることなく、両方とも使えるという意識で取り組んでみてください。

呼吸を妨げるよくある傾向については、胸式、腹式、それぞれについて、次回以降、説明したいと思います。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら