体験談

自分の力の入っていたところのムダな力がぬけ、楽に声が出せました。


こんにちは、川浪です。

先日、大阪でセミナーを開催しました。

IMG_2320

普段は、東京で活動しているので、なかなか大阪でセミナーをすることはありませんが、僕自身、大阪出身ということもあり、リラックスした雰囲気でセミナーを行うことができました。

東京でウケたネタが、大阪では見事にスベるというハプニングも起こりましたが。笑

今回のセミナーは、アレクサンダーテクニークの全体像を理解する、をテーマに行いました。

僕がレッスンをする時に大切にしていることは、体系的に理解をする、ということです。

身体の使い方を学ぶ時に、知識をつまみ食いすることでも、もちろん効果はあります。

なぜなら、ほとんどの方が、アレクサンダーテクニークで学ぶような身体の使い方を、しっかりと学んだことがないからです。

しかし、それだけでは、その場では良くなっても、自分一人では出来なかったり、他の動きに応用できない、などの問題があります。

身体の使い方を、単なる知識で終わらせず、自分で使えるようになるには、知識を増やしていくと同時に、その知識が全体の中でどのような意味合いを持つのか、という体系性も学ぶ必要があります。

今回のセミナーでは、細かい知識を説明するのではなく、アレクサンダーテクニークの考え方を中心に説明して、それを実際に体験してもらう、という形式でセミナーを行いました。

いただいた感想を紹介します。

ーー

自分の力の入っていたところのムダな力がぬけ、楽に声が出せました。

説明も分かりやすかったです。

Hさん

ーー

受ける前は、ピアノをひく時、腕、肩が固くなる感じがあり、腕を動かしにくかった。

受けた後は、胴体が楽になり、腕から指先まで楽に動くようになった。

説明が分かりやすく、自分のやるべきことがはっきりした。

土橋健一さん

ーー

頭で、知識でわかったつもりでも、体でそれを実践できていなかった気づき。

なんやかや、色々、ごちゃごちゃになってた知識を、シンプルにわかりやすく、話してくださった。

落ち着いた雰囲気があって、自分も落ち着けた。

Yさん

ーー

以上。

今回のセミナーは、アレクサンダーテクニークを初めて受講する方、勉強中の方、教師として活動中の方、など、様々な段階の方が受講されました。

しかし、どの段階の方でも、全体像を思い出し、自分のやっていることが、どこに位置づけられるのかを考えることは重要です。

アレクサンダーテクニークに限らず、何かを学習している時に、どうも上手くいかないなと感じる時は、ぜひこのことを思い出してください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら