アレクサンダーテクニーク

サックス始めました


こんにちは、川浪です。

現在取り組んでいるドラム、ギター、ピアノ、ボーカルに加え、サックスを始めました。

サックスは、正真正銘の初心者です。

楽器を持つことすら初めてです。

この年になって、まったく新しいことを始めるという経験は、ワクワクしますね。

音が出ただけで、楽しいです。笑

なぜ、こんなにたくさんの楽器に取り組んでいるのか。

それには深い理由があります。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、「頭が上に~」とか「首を自由に~」という表現をよく使います。

(ちなみに僕のレッスンではまったく使いませんが)

そして、それさえやっていれば、すべてのことが上手くいく、と思っている人もたくさんいます。

はっきり言いますが、そんなワケありません!

百歩譲って、日常動作に限れば、それで改善することもあるでしょう。

しかし、こと演奏においては、そう上手くいきません。

なぜ、そういい切れるかというと、以前の僕が、レッスンでそればかりやっていても、生徒さんが望むような結果を提供できなかったからです。

音楽家の方にレッスンする上では、頭や首を云々しているだけでは、本質的な問題解決に至りません。

手や腕をどう動かすのか、楽器の構えや姿勢、呼吸はどうしたらいいのか、といったことまで、それぞれの楽器や演奏課題に応じて、具体的に踏み込んでいく必要があります。

それに気づいてからは、演奏に実践できる身体の使い方というものを、ひたすら考え続けました。

もちろん、未だその探求は道半ばですが、ある一定の解に至ったのも事実です。

詳しくはこの記事などを参考にしてください。

そして、その探求を、さらに先に進めるために、実際に自分自身で様々な楽器をやってみようと、取り組んでいるわけです。

まぁ、そこまでやらなくても、ぶっちゃけ、かなりいいレッスンをしているという自負はあります。(自分で言うのも何ですが。笑)

しかし、僕が生徒だったら、アレクサンダーテクニークだけでなく、楽器に対しても、深い理解を持っている先生から学びたいと思います。

これまで、ドラム、ギター、ピアノ、ボーカルと取り組んできて、その楽器の方に対してのレッスンのクオリティは、明らかに向上しました。

今後、順調にいけば、サックスはもちろん、他の管楽器の方にも、よりよいレッスンを提供できるようになるはず。

それを考えると、本当に嬉しく思います。

これで、歌、管楽器、弦楽器、打楽器、鍵盤楽器と、大きな括りは、一応カバーすることになりました。

金管楽器と撥弦楽器も、いずれ取り組むつもりですので、しばらくお待ち下さい。

ところで、一つの楽器だけでも大変なのに、いくつも楽器をやるのは無謀なんじゃないか、と思う方もいらっしゃると思います。

これに関しては、僕なりの仮説があります。

演奏というのは、まずどんな音楽を演奏したいか、というアイデアがあり、それを再現するために身体を使って楽器を操作する(ないしは声に出す)ということです。

このアイデア部分は、楽器によらず共通しています。

その証拠に、僕は元々ドラムをやっているので、どのレッスンの先生にも「リズムは大丈夫だね」と言われます。

あるいは、歌えないフレーズは、演奏できない、とも言われますよね。

今度始めたサックスも、楽器は初心者ですが、決して音楽初心者というわけではありません。

本当の初心者であれば、それこそ譜面の読み方から始める必要がありますが、僕の場合は、演奏技術の習得に、ある程度、集中できます。

そして、演奏技術とは、とどのつまりが身体の使い方です。

僕は、その道の専門家ですから、演奏技術の習得に集中すれば、どの楽器も一定レベルまでは到達できるはず、と思っています。

もちろん、音楽そのものへの理解も、よりいっそう深めていく必要があります。

最終的には、気合と根性ですね。笑

というわけで、音楽家のあなたに、よりよいレッスンをお届けできるよう、今後も精進を続けていきます。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京