お知らせ

これまでの練習に行き詰まりを感じている音楽家の方へ


思い通りの演奏を実現するために
音楽家ならだれでも知っておきたい
身体の使い方を無料で学びたい方は
他にいませんか?

無料メールセミナーの登録はこちら

・こんな悩みはありませんか?

たくさん練習時間をかけても、思ったように上達しない
本番になると緊張してしまい、いつものように演奏できない
無理に練習をして、痛みを感じたり、体を壊してしまった
深い音色や、大きな音が出せない
演奏する時の正しい姿勢がわからない
速いフレーズになると指が回らない
身体や技術的なことにとらわれずに、楽器を歌うことに集中したい

・こんな方がレッスンを受講しています
よりよい演奏をしたいという向上心を持っている
良い音色で、音楽を演奏したい
根性だけで練習することに疑問を感じている
社会人になってから練習時間がとれず、効率的に練習したいと思っている
楽器の先生の指示通りに演奏できない
本番で、いつも一定のパフォーマンスで演奏したい
身体の知識に基づいた、正確な指導を行いたいと思っている

管楽器、弦楽器、ピアノ、ドラム、ギター、ベース、ボーカル、和楽器など、様々な方が受講されています。

・体験談

東京吹奏楽団クラリネット

藝大フィルバイオリン

警察音楽隊ホルン

東京音大ピアノ

・なぜ思い通りの演奏ができないのか

楽器のレッスンでは、よく次のような指示があると思います。

「このフレーズは、こういうテクニックで弾いてください」
「この曲は、こんな風に表現しましょう」

しかし、こんな風に演奏すればいい、と頭でわかっていても、それを実際に演奏できるかどうかは別問題です。楽器のレッスンでは、どのように演奏すればよいか、というゴールは教えてくれても、そこに至るまでの道すじは教えてくれません。

では、その「道すじ」が何かと言うと「身体の使い方」です。演奏というのは、頭の中にある「こんな風に演奏したい」というイメージを、身体を使って実際の音にすること、だからです。

しかし、身体の使い方は「これが正しいやり方です」と一概に言えるものではありません。よくよく考えてみると、これは当たり前です。一流の音楽家たちは、誰一人として、同じ姿勢、同じフォームで弾いていませんよね。身体は、人ぞれぞれ違います。だから、あなたが最高のパフォーマンスを発揮するためには、あなた自身にあった身体の使い方を知る必要があります。

そして、その身体の使い方を学べるのが「アレクサンダーテクニーク」です。

・アレクサンダーテクニークとは

アレクサンダーテクニークは、F.M.アレクサンダー氏が発見、方法論化した身体のレッスンです。 1904年以降、ロンドンで教え始め、世界中に広がっていきました。現在では、ジュリアード音楽院、英国王立音楽院、東京芸術大学など、国内外の音楽学校で取り入れられています。

このメールセミナーでは、あなたの演奏の悩み、課題を解決するための、身体の使い方が学べます。

登録方法は簡単です。下記のフォームに、メールアドレスを入力していただいて、登録するというボタンをクリックするだけです。もちろん無料です。もしメールをご覧になって「役に立たない」「自分には必要ない」と思ったら、ワンクリックで解除できます。あなたに本当に役に立つものなのか、ぜひお試しになってください。

・講師プロフィール

川浪裕史

アレクサンダーテクニーク東京 代表
一般社団法人日本弦楽器演奏家協会 契約トレーナー

音楽家のための身体の使い方の専門家として、2011年よりレッスンを開始。これまでに1000人以上の音楽家にレッスンを行う。ドラマーとして演奏活動を行っている時に、アレクサンダーテクニークと出会う。それまで演奏中に感じていた痛みが改善し、さらに演奏技術も向上した体験から、このノウハウを伝えていくことを決意。プロ、アマ問わず、楽器のレッスンでは教えてくれない身体の使い方を、分かりやすく教えてくれるレッスンとして定評がある。


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京