アレクサンダーテクニーク

「一緒に演奏しやすい人」になる方法


こんちこれまた、川浪です。

音楽をしていると、一緒に演奏していて、やりやすい人と、やりにくい人がいると思います。

これは、演奏技術が高いかどうかとは、全く別の話。

技術力が高くても、やりにくい人もいれば、そんなに技術力がなくても、やりやすい人もいます。

一体なぜ、そのようなことが起こるのか、また、どうすれば一緒に演奏しやすい人になれるのか、一つの仮説を紹介します。

まず、アレクサンダーテクニークで一番重要な考え方は「思考=身体」ということです。

一緒に演奏しやすい、しにくい、というのは、結局、その人がどのように演奏しているか、です。

演奏は、身体を使って行うので、その違いは、思考から生まれるはずです。

では、演奏時の思考状態を、3つのパターンに分けてみます。

その1,自分の演奏しか聴いていない

自分の演奏に必死で聴く余裕が無い、という場合もあれば、そもそもそういう発想を持ってない場合もあります。

よく「カラオケじゃないんだから」と揶揄されるのは、これですね。

その2,相手の演奏に合わせようとし過ぎている

この状態だと、相手が少し想定外の演奏をすると、すぐに自分の演奏が崩れてしまいます。

また、いまいち自分の演奏に自信が持てません。

何を隠そう、僕自身はこの状態が長かったです。

「相手の演奏を聴きすぎ」とか言われたことのある人は要注意です。

その3,自分と相手の演奏を独立したものとして捉えている

この状態は、自分の演奏も、相手の演奏も、それぞれしっかり聴いています。

そして、それらは別々のものであって、お互いに尊重しあってます。

つまり、3の状態であれば、一緒に演奏しやすい、と思われるはずです。

言葉だけでは伝えきれない部分もありますが、レッスンで直接お伝えした生徒さんからは、「演奏しやすいと言われるようになった」というだけでなく「自分の音もよく聴こえるようになった」といったフィードバックをいただいています。

この仮説は、僕がレッスンしている時の思考を、演奏に応用するならばどうだろうか、というキッカケで生まれました。

つまり、これは演奏に限った話ではありません。

コミュニケーション全般に通じる話です。

音楽も、もちろんコミュニケーションですね。

ぜひ、いろんな場面で試してみてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京