アレクサンダーテクニーク

【動画】ピアノ518時間弾いてみた結果


こんにちは、川浪です。

ピアノ1万時間プロジェクトの、新しい動画をアップしました。

ピアノ1万時間プロジェクトは、ピアノ初心者の川浪が、アレクサンダーテクニークを駆使したら、1万時間でどれだけピアノが弾けるようになるのかを検証する、ドキュメンタリーです。

というわけで、今回はあまり役に立つ内容はありません。

興味のある方のみ、ご覧ください。笑

ミスも多々ありますが、これくらい弾けるようになると、少しはピアノやってる実感が得られてきました。

これだけピアノを弾いていると、自分の演奏はさることながら、アレクサンダーテクニークのレッスンにも、いい効果があらわれています。

ピアニストの方にレッスンするときは、自分でもピアノを弾いてる分、以前よりも踏み込んだレッスンが出来るようになっています。

また、ピアノを弾くことで、耳も良くなり、和声や旋律への感覚も鋭くなりました。

そのため、ピアノに限らず、生徒さんがどういう演奏をしたいのかを、以前より理解できるようになり、そのために必要な身体の使い方も、より明確になりました。

なにより、ゼロから新しい楽器に取り組むことで、身体の使い方を楽器演奏に活かすというプロセスを再体験することができ、より実践的なことをお伝えできるようになっています。

518時間の練習で、これほどの効果があるので、1万時間を達成する頃には、さらに良いレッスンが出来るようになるかと思うと、楽しみで仕方がありません。

もちろん、ピアノ以外の楽器の方もレッスンを受講されているので、もともと演奏している打楽器に加えて、ギター、歌、バイオリン、サックス、トランペットにも取り組んでいます。

一応、金管、木管、弦、打、歌と、一通りカバーしたいと思っているのですが、時間が限られているので、なかなか、まんべんなくは練習できていません^^;

まぁ、いろんな楽器をやるなら、まずはピアノがある程度、弾けるようになったほうが、効率がいいと思うので、当面はピアノをメインに取り組んでいくつもりです。

僕は、生涯、このレッスンを続けるつもりなので、あせらずコツコツと続けていこうと思います。

次回は、600時間くらいで、アップできればと思っています。

よければまた次回もご覧ください。


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京