アレクサンダーテクニーク

どう思う?この音楽指導


こんにちは、川浪です。

まずはお知らせから。

ご案内しているマスターコースの説明会ですが、1月28日は満席となりました。

2月4日は残り2枠です。

追加開催の予定はありませんので、興味のある方はお早めにお申込みください。

さて、本題です。

先日、レッスンを受講されている管楽器の生徒さんから、このようなことを聞きました。

「息を吐く時に、その支えとして、横隔膜を下げたままにすると教わりました」

この生徒さんは、以前にこのように教わり、なんとなくそういうものだと思い、そのつもりで演奏してきたそうです。

しかし、普通に考えて、息を吐く時に横隔膜は上にいきます。

身体の仕組み上、それが息を吐くということです。

身体の仕組みに反することを無理やりしようとすると、何が起こるでしょうか。

関係のないところで余計な力が入り、目的達成が阻害されます。

今回の場合では、思うように息が吐けない、ということですね。

レッスンでは、このような間違った考え方を払拭し、仕組み通りに身体を使ってあげることで、呼吸が楽になったとのことでした。

ここでのポイントは、この方が楽器を専門的に学ばれて、プロとして活動しているということです。

何もこの方に罪があるというつもりは、全くありません。

僕が言いたい事は、そのような方でも、正しい身体の知識を得る機会が、これまで無かったということです。

音楽教育の現場で行われていることは、もちろん素晴らしい内容もありますが、こと身体のことに関しては、なんともまあ、ざっくりしてます。

スポ根の域を脱しないというのが、僕の印象ですね。

誤解を恐れずにいうならば、たまたま上手く演奏できるようになった方が、特に解剖学的な根拠や裏付けはなく、勘と経験のみで教えている、というパターンが非常に多いです。

それでも上手く演奏できるようになる方はたくさんいるでしょう。

しかし、今度その方が教える立場になった時に、また同じことが繰り返し、曖昧な教え方に惑わされる生徒が量産されていきます。

もちろんこれは、呼吸に限った話ではありません。

身体の使い方、全般において、正しく理解した上で指導されている方は、皆無といって差し支えないでしょう。

よくて、腕や指など、部分的な使い方だけ教えてくれる、それも正しいかどうかは怪しいところです。

身体は全身でバランスをとっているので、部分だけで考えていても、うまくいきません。

そのような教え方に惑わされないために、身体の使い方をしっかり学ぶ必要があります。

いまご案内しているマスターコースでは、演奏を理解する上に必要な身体の知識は、すべて網羅してお伝えしています。

僕は、長年レッスンしていますが、この範囲を超える知識を扱うことは、ほぼありません。

なぜかというと、演奏は身体を使って行います。

身体で出来ることは限られているので、それさえ知っていれば、あとはそれをどのように演奏に応用するかだけですね。

これを知ることで、まずあなた自身が、曖昧な指導に惑わされることがなくなります。

そして、あなたが指導する立場になった時は、曖昧な指導で生徒を惑わすことがなくなります。

僕は少しでも多くの方が、正しい身体の使い方を学び、より有意義な音楽活動を行えるようになることを、強く望んでいます。

この考えにご賛同いただける方は、ぜひこの説明会にお越しください。

☆アレクサンダーテクニークの教え方を教える新コース「マスターコース」について説明会を開催します。

残り二枠となりました。

詳細をこちらをクリックしてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京