アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークを教えられる人、教えられない人の違い


こんにちは、川浪です。

前回は、僕がアレクサンダーテクニークの先生になるまでに、どういった経緯があったのかを説明しました。

アレクサンダーテクニークの講師養成コースは、4年間で400万もかかる割には、なぜか「教え方」は教えてもらえず、トホホな感じで、それをカバーするために必死で頑張ったわけです。

そんな感じだったので、一緒にコースを受けていた方の中では、どうやって教えたらいいのかわからないままの方も、たくさんいました。

その一方で、なんとなく教えられるようになる方も、もちろんいました。

今回は、その違いは、一体どこから生まれるのか、ということについて書いていきます。

ポイントは2つあります。

1つ目は、、、

「英語がわかるかどうか」です。

なんじゃそりゃ、という感じですが、、、

僕が教わっていたコースでは、主に海外の先生を招へいして、通訳を介して、レッスンを受けていました。

ただでさえ、身体のことを言葉で説明するのは難しいです。

それが、通訳を介するとなると、もう絶望的です。

僕の体感では、半分も伝わってなかったんじゃないかと思います。

一例を上げると「ask」という動詞があります。

「ask your coordination」

みたいに、使うことが多かったのですが、

(ここでいう「coordination」とは身体のバランスみたいな感じです)

これを「あなたのコーディネーションにお願いしてください」と通訳するんですね。

「ask」を、「お願いする」と訳すことも出来るんでしょうが、、、

英英辞典で調べると、一番に出てくるのは「make a request or demand for something or somebody」です。

もっと主体的、積極的なニュアンスだと思います。

これを「お願いする」とやっちゃうので、まるで神頼み、おまじない、みたいとらえてしまっている人が、けっこういたんですね。

(アレクサンダーテクニークは、宗教でもスピリチュアルでもありません。笑)

これは一例で、こういうレベルの話が山程ありました。

単純に、通訳が間違えてることも、けっこうありました。

僕は、英語が得意というわけではありませんが、一応、国立大学出身なので、多少は分かります。

そんなわけで、英語が分かる人の方が、教えられるようになるまでのつまづきが少なかった印象です。

逆に言えば、英語が分からないことで、絶望的な勘違いをしている方が、多数いたわけです。

もう一つ、こっちの方が、重大なポイントです。

それは「教える経験の有無」です。

これまでの人生で、アレクサンダーテクニーク以外に、なにか教えるという経験をしたことがあるかどうか。

例えば、もともと楽器のレッスンをされている方であれば「教える」という行為自体に、馴染みがあります。

これまでレッスンしてきて、こういう時に上手くいかなかった、という、問題意識もあります。

またコースで学んだことを、即レッスンで実践できる環境もあります。

この三拍子が揃っていれば、「教え方」を教わらなくても、なんとなくレッスンできるようになるんですね。

前回もお話したとおり、僕の場合は、そういう環境を自分で頑張って作り出したわけです。

しかし、これってなかなか大変なんですよ。

それに、初めから「日本語」で「教え方」さえ教えてくれれば、こんな回り道する必要ないんですね。

今にして思えば、四年間もかける必要はなかったな、と思います。

では、次回、アレクサンダーテクニークの「教え方」とは、何なのか。ということについて説明します。


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京