アレクサンダーテクニーク

ボウイングは腕だけでは改善しない


こんにちは、川浪です。

先日、ボウイングをスムーズにしたい、というチェロの方にレッスンをしていました。

弓を動かすのは、腕の動きです。

弓の動きを改善しようと思った時に、腕の動きをなんとかしよう、と考えるのが普通です。

しかし、それだけでは上手くいかないことが多いです。

(それで上手くいってるのなら、わざわざアレクサンダーテクニークのレッスンを受ける必要はありませんよね)

なぜ上手くいかないかというと、「腕がうまく動かない原因は、腕以外のところにある」からです。

腕は、胴体とつながっているし、胴体は、頭や脚ともつながっています。

つまり、全身のバランスの中で、腕の動きを考える必要があるということです。

全身のバランスを考える時に、アレクサンダーテクニークでは、特に軸が重要と考えます。

軸とは、ひとまず胴体部分だと思ってください。

軸が腕の動きにどのように影響するでしょうか。

例えば、広背筋という筋肉があります。

広背筋は、背骨の広い範囲から、上腕の付け根につながる筋肉で、腕を動かす筋肉です。

つまり、背中を固めていると、腕の動きにも影響するということです。

これは一例ですが、腕が動かない原因が、腕以外のところにもあるということが、お分かりいただけるかと思います。

腕の動きを改善したいと思った時に、腕以外にもどこか固めていないか、ぜひ全身のバランスを観察してみてください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら