体験談

リリースしていただいて、自分の感覚が一気に高まったようにも感じます


こんにちは、川浪です。

しばらく前から、レッスンに筋膜リリースという手法を取り入れています。

なぜ、わざわざ新しい手法を取り入れているかというと、アレクサンダーテクニークは万能ではないからです。

僕が、アレクサンダーテクニークのレッスンを初めて受講した時は、こんな画期的なレッスンは他にはない、と感動しました。

それは事実です。

しかし、レッスンで学んだ内容を自分で使ってみたり、たくさんの人をレッスンしていく中で、アレクサンダーテクニークの限界も分かってきました。

その限界の、かなりの部分をカバーできるのが、筋膜リリースという手法です。

(ちなみに、筋膜リリースは、整体業界などでは、一般的な名称です。わかりやすいので使っていますが、実際にはオリジナル要素がかなり含まれます)

というわけで、先日、アレクサンダーテクニークと筋膜リリースの、アプローチの違いを説明するセミナーを開催しました。

いただいた感想の一部を紹介します。

ーー

IMG_0055

今日はありがとうございました。

筋膜リリースはある程度知っていましたが、教授こうして、自分の感覚をもっと磨いていく必要があると感じました。

でも、リリースしていただいて、自分の感覚が一気に高まったようにも感じます。

自分なりに研究して、またご報告しますね。

Yさん

ーー

IMG_0056

同じ楽器の方の動きが変わるのを客観的に見られて良かったです。

立った姿勢の時、自分の思っているまっすぐと、他の方から見たまっすぐが違っていたのが面白かった。

足ふんだら直るなんて。

Hさん

ーー

IMG_0057

レッスンで川浪先生がして下さる筋膜リリースが、演奏に効果的なので、自分でも出来るようになりたいと思い、参加しました。

筋膜リリースの基本の考え方がわかったので、これから実践できるようにいろいろ試してみたいと思います。

Mさん

ーー

IMG_0058

腕のむだな力みが気になっていました。

その点についての筋膜リリースのやり方を教わったので、じぶんで試してみようと思います。

Iさん

ーー

筋膜リリースをレッスンに取り入れたのは、7月頃です。

それから、試行錯誤を繰り返して、確実に効果が出せるようになってきました。

同時に問題点もわかってきました。

アレクサンダーテクニークはあくまでもレッスン、つまり教育です。

筋膜リリースは、施術的な要素が強いため、いくら効果があっても、そればかりをやるわけにはいきません。

逆に、レッスンを受ける前に、筋膜リリースをした方が早いという場合もあります。

というわけで、筋膜リリースを別メニューとして独立させることにしました。

当面は試験的に、割引価格で提供します。

がっつり筋膜リリースを受けてみたい、という方は、こちらのページから詳細をご覧ください。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京

講師:川浪裕史

・レッスン案内

・レッスン体験談

・アクセス

・無料メルマガ

お問い合わせはこちら