アレクサンダーテクニーク

不安や緊張を押さえつけようとしてもムダ。じゃあどうする?


こんにちは、川浪です。

本番で緊張してしまったり、不安な気持ちでいっぱいになってしまう、という悩みの方は、とても多いです。

そんな方に役立ちそうな記事を見つけました。

ネガティブな思考を押さえつけるのはムダ!では、その代わりにどうすればいいの?という話

簡単にまとめると、ネガティブな感情を押さえようとするのではなく、その替わりに違うことを考えましょう、っていう話ですね。

この記事であげられているのは、

好きな漫画を読む
ゲームで遊ぶ
激しい運動をする

ということですが、、、

これは、普段ならいいかもしれませんが、いざ本番に向かおうという時には、なかなか難しいですね。

本番前に、漫画やゲームという気にはなれないでしょうし、激しい運動をしていたら、変な人と思われそうです。笑

そこで、僕のレッスンでいつもおすすめしているのが、自分の身体に意識を向ける、ということですね。

不安や緊張を感じたときには、必ず身体的にも変化起きています。

心理的なことから、身体的なことに意識の向け先を変えるだけでも、ネガティブな感情から、離れやすくなります。

それに、緊張している時に起こる、身体的な反応に気づくことができたら、それを手放せるチャンスにもなります。

実際のところ、緊張して上手く演奏できないということは、身体で何かおかしなことをしているからです。

例えば、必要のない力を使っていたり、逆に、必要な力が足りていなかったり、ということですね。

その身体の反応さえ手放せれば、緊張してようが、なんだろうが、ふだん通りの演奏ができます。

もちろんそのための訓練は必要ですが。

というわけでまとめると、

・不安や緊張を押さえつけようとしてもムダ。
・その替わりに、自分の身体の反応に意識を向けよう
・さらにそれを手放すことができたら、ふだん通りの演奏ができますよ

ということでした。

ぜひ、試してみてください。


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京