アレクサンダーテクニーク

富士急ハイランドから学ぶ、あがり症対策


こんにちは、川浪です。

アレクサンダーテクニークのレッスンを受講される目的の一つに、本番で上がってしまうのをなんとかしたい、というものがあります。

先日も、生徒さんから、

「オーケストラの本番で、とても目立つソロがあり、その直前までずっと身体が固まっているのを感じていた。

ソロが終わると、スッと身体がラクになった」

という話を聞きました。

この話を聞いて、ふと思ったことがあります。

それは、この感覚って、ジェットコースターに似ているなぁ、ということです。

実は、つい先日、富士急ハイランドに行ってきました。

世界有数の絶叫マシンを、いくつも備える遊園地です。

特に怖かったのはこれ。

落下直前には、冗談抜きで、死の恐怖を感じました。笑

しかし、恐怖のピークは直前までです。

滑りだすと、何かを考える暇もなく、あっという間に終わります。

終わってみると、なんだかあっけなかったなぁ、という感じ。

そして、また乗ろうかなと、思うわけです。

演奏の本番も、これと似たようなものではないでしょうか?

もちろん、ジェットコースターなんて絶対乗りたくない!という方もいらっしゃると思います。

同じく、人前で演奏するなんて絶対イヤだ!という方もいるでしょう。

そういう方は、無理する必要はありません。

とはいえ、あがり症をなんとかしたい、と思われる方は、あがり症を何とかしてでも、人前で上手く演奏したい、という方だと思います。

もちろん、そのための方法は、レッスンでお伝えしますし、このブログでも書いています。

しかし、あがり、緊張、ということも、本番の楽しみの一つではないかなぁ、という風に感じたわけです。

どうしても、本番になるとあがってしまって、頭が真っ白になってしまう、という方は、本番であがってしまうことは、ジェットコースターを楽しむようなものだ、と認識を変えてみると、本番に対する向き合い方が変わってくるのではないか、というご提案として、今回の記事を書かせていただきました。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京