アレクサンダーテクニーク

楽器と身体の使い方の関係について


こんにちは、川浪です。

アレクサンダーテクニークのレッスンで伝えている重要な概念に、「全体を意識する」というものがあります。

身体が思い通りに動かないのは、意識に偏りがあるからです。

例えば、腕を動かす時に、手元にばかり意識が向いてしまっていると、腕全体が上手く使えず、手元だけでがんばってしまいます。

このように、意識に偏りがあると、身体は上手く動かせません

身体を効率良く使うためには、全体を意識する、ということが重要になります。

では、「全体」とは、どこから、どこまでを指すのでしょうか?

答えは、文字通り「全体」です。

自分の身体の隅々まで意識を向ければ十分、ではありません。

自分だけでなく、自分が扱う楽器、共演者や観客、ステージの空間、などなど、ありとあらゆるものに、意識が向いているのが理想の状態です。

意識を向ける範囲は、広ければ広いほどよいですが、いきなり宇宙全体に意識を向けましょう、というのは難しい話です。

レッスンでは、まず自分の身体を観察するというところから始めます。

次に、意識を向けるのは、楽器です。

楽器に意識を向けていない状態というのは、的を見ないで、的を狙うようなものです。

楽器演奏において、目的は、楽器を鳴らすことです。

体の動きは、あくまでも手段に過ぎません。

楽器の大きさや、形を無視して、よい演奏ができるわけがありません。

例えば、ヴァイオリンなどの弦楽器でよく見られるのが、弓の長さに意識を向けていない状態です。

その場合、腕を動かすのに必死で、弓の長さを十分に使い切れません。

ドラムやパーカッションでも、スティックやマレットの長さを無視して、一生懸命、腕で頑張っていることがよくあります。

弓やスティックに限った話ではありません。

楽器は様々な形をしていますが、理由もなく、その形になっているのではありません。

それぞれ、音を出すのに都合がよいから、その形状をとっているはずです。

ですから、楽器の大きさ、形、内部構造などに、意識を向けなければ、最適な体の動きはできません。

演奏時に「全体を意識する」という時に、ぜひ、楽器にも意識を向けてみてください。

勘のいい方なら、それだけで十分に演奏に変化が感じられると思います。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京