アレクサンダーテクニーク

理解しようとする気持ちが、習得の妨げになっていませんか?


こんにちは、川浪です。

こうやって、日々ブログを書いていますが、基本的には、レッスンで誰かにお伝えした内容を、文章にしています。

ただ難しいのは、身体の使い方って、人それぞれ違うので、具体的にこうすればいい、というのは、対面じゃないと、伝えられないんですね。

だから、文章では、具体的にどうこうというより、その背景の理論や、考え方を中心にお伝えしています。

ちなみに、僕は文章を書くの決して得意ではありません。

今でこそ、それなりに書いてはいますが、それでも日々、頭をひねりながら、文章を書いています。

世の中にはすらすらと文章が書ける人もいるようですが、うらやましい限りです。

話すのであれば、いくらでも話せるんですが。笑

そんなこんなで、日々苦悩しながら書いているのですが、読んでいてためになるという感想をいただくこともあるので、まぁやってる意味もあるのかな、と思います。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は、先日、ある生徒さんにお話した内容を、ぜひブログに書いてください、というリクエストをいただきましたので、それについて書こうと思います。

ーー

僕は元々「自分には才能がなく、何においても、努力で克服してきた」という自己認識をもっていました。

話は、大学受験にさかのぼります。

僕は、高校3年生のころには、偏差値30くらいしかありませんでした。

それでも、なぜか大学は国立に行きたいという思いがあったので、高3の夏から一念発起し、国立大学を目指して勉強を始めました。

当然、模試の結果はF判定ばかり。

ひらたく言うと「考え直せ」という意味です。笑

センター試験のリサーチもF判定でしたが、二次試験直前まで死ぬ気で勉強して、見事、現役で国立大学に入学することができました。

それ以来、僕は才能がなくても、ちゃんとした道のりに沿って努力すれば、何でもできるんだと思うようになりました。

と、同時に、才能ではなく、ちゃんとした道のりを一歩一歩、歩んできたからこそ、それを人に教えることも上手にできるんだ、という自負がありました。

当然、今教えているアレクサンダーテクニークについても、同じようにとらえていたわけです。

そうして、アレクサンダーテクニークのレッスンを開始して、数年がたったころ、ドラムを練習している時に、ある変化が起きました。

なんだか分からないけど、今まで出来なかったことが、ふと出来るようになったのです。

この時、内心「やばい」と感じていることに気が付きました。

「今までは、自分でちゃんと理解して、いろんなことが出来るようになってきた。

だから、それを上手く人に教えることが出来る。

もし、理解せずに出来るようになってしまったら、教えることができないじゃないか。

これはヤバいぞ」

というのが、僕の内面で起きていたことでした。

つまり、自分で、自分に起こった良い変化を、制限しようとしていたのです。

でも、よくよく考えると、もったいない話ですよね。

その時点で、すでにレッスンをしていて、人に伝えられることはたくさんありました。

仮に、ちゃんと理解せずに、新しいことが出来るようになっても、少なくともこれまで教えてきたことは、これまで通り教えることが出来ます。

わざわざ自分に起こった良い変化を、抑える必要はありませんよね。

そのように考えを切り替えてから、僕自身の身体の使い方は、劇的に向上しましたし、今も変化を続けています。

最近は、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けることは、ほとんどありませんが、レッスンを受けていた頃よりも、学びのスピードが上がりました。

結果的には、レッスンで伝えられることも、どんどん増え、僕の心配していたことは、全くムダだったとわかりました。

この話を、どんな文脈で生徒さんにお話したかというと、その生徒さんは、すでに意識を変えることで、身体の変化が起こせるようになっていました。

にも関わらず「意識を変える」といっても、はっきりとは分からない、と、いつも悩んでいました。

僕がレッスンでいう「意識を変えたら、身体が変わる」というのは、確かに再現性のあることです。

しかし、それは今までの感覚で捉えようとしても、捉えられるものではありません。

今まで経験したことがない新しい体験を、今までの感覚で捉えようとしても、うまくいかないのは明白ですよね。

だから、「はっきり分かりたい」と思うことは、その変化のさまたげになってしまう可能性があるのです。

僕がレッスンしてきた中で、アレクサンダーテクニークの習得が早い人は、身体の変化が起こった時に「何だかよくわからないけど、多分これでいいんだな」と納得できる方です。

そうすると、事後的に「はっきり分かる」感覚を身につけることができます。

新しい体験は、事後的にしか理解できません。

このことが腑に落ちれば、身体の変化は、どんどんスピードアップしていきます。

これは僕自身の体験からもそうですし、レッスンを受けている生徒さんを見ていても明らかです。

ただ、今回の話をきいて、すべての人が「よし、分かろうとしなくてもいいんだな」と思えばいい、というわけではありません。

最初に述べた通り、具体的にどうする、というのは、人によって違います。

「あなたは、もう少しちゃんと考えて、理解したほうがいいですよ」という方も、もちろんいます。笑

もしあなたが、理解しようとしすぎて、せっかく起こった変化を抑えているのであれば、その気持を少し手放してみてください。

自己診断するのが難しい、という方は、信頼のおける人に見てもらうのが一番ですね。

☆現在ご案内中のセミナー

2017年2月26日(日)10時~

「入門セミナー:音楽家のためのアレクサンダーテクニーク」

詳細はこちらをクリック

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京