アレクサンダーテクニーク

楽器を演奏する時に、指が動かない原因


こんにちは、川浪です。

アレクサンダーテクニークのレッスンを受ける方は、このような悩みをお持ちの方が多いです。

・楽器を演奏していると、指が動かない
・パソコンをしていると、肩や腰が痛い
・背筋を伸ばそうとしても、猫背になってしまう

などなど。

あなたはこんな悩みに、どのように対処しますか?

指がまわらない時を、例に挙げてみます。

ほとんどの方は、指が動かない時に、指を動かそうとします。

当たり前と思うかもしれませんが、これでは上手くいきません。

なぜなら、指が動かない原因は、体の他のところにあるからです。

原因を解決しないまま、なんとかしようとしても、上手くいかないのは当然です。

指以外にも、肩や腰が痛い、猫背になってしまうことも、原因は他の部分にあります。

なぜなら、人間の身体は、全身が関係しあっているからです。

指が動かない原因は、全身のバランスが崩れてしまっていることがほとんどです。

では、全身のバランスを考える時に、もっとも重要なところはどこでしょうか。

これは、アレクサンダーさん(アレクサンダーテクニークの創始者)が発見した、もっとも重要なことでもあります。

彼は、「全身のバランスでもっとも重要なのは軸である」と発見しました。

軸を、正確に言うと、頭と背骨のことです。

次回は、軸のバランスが、全身にどのように影響するのか、についてお話しします。

「あなたの演奏を自由にする」アレクサンダー・テクニーク、無料メール講座はこちら


音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京