体験談

身体への負担がなく、いつの間にか自然に痛みがやわらいでいた


こんにちは、川浪です。

先日、川浪式筋膜リリースを受けていただいた方から、感想をいただきました。

ーー
IMG_0229

腰痛に長年困っており、症状を改善したく、筋膜リリースをしていただきました。

痛みが軽減し、身体を動かしやすくなりました。

施術中も、全く痛みはありません。

身体への負担がなく、いつの間にか自然に痛みがやわらいでいた!?という印象です。

身体が楽になり、とてもうれしいです。

日常動作の改善とともに、楽器の演奏も、とてもスムーズになりました。

松澤加世子さん

ーー

川浪式の最大の特徴は痛みがないことです。

巷の筋膜リリースは非常に痛いです。

とある本には、堂々と「痛いほうが効果がある」と書かれていました。

しかし、これには正直、疑問を感じます。

痛みがあると、防衛本能で、身体を固めてしまいます。

身体を固めてしまうから、施術を受けているのに、施術そのものが身体を固めてしまうというのは、どうもよくありません。

では、どうして痛くない施術ができるかというと、そもそもなぜ筋膜が固まるのか、から考える必要があります。

筋膜が固まる理由は、シンプルに言えば、長年の身体のクセです。

悪い姿勢を続けていたり、筋肉の使い方のバランスが悪かったりすると、それに関わる筋膜が固まってしまいます。

そうすると、思うように身体が動かせなくなり、演奏にも支障が起こります。

当たり前ですが、筋膜を固める施術を受けたわけではありません。

自分自身の身体の働きで、筋膜を固めてしまったわけです。

自分自身で固めたので、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けて、身体の使い方が改善すれば、長期的には筋膜の状態も改善します。

つまり、そもそも自分自身で筋膜を固めたわけなので、自分自身で筋膜をリリースすることができるのです。

ただし、自然にその変化が起こるには、長い時間がかかります。

そこで、施術によって、その変化を促すことで、痛みがなく短期間でリリースしようというのが、川浪式というわけです。

痛みがない方が、効果も高いです。

日本の文化的に、良薬口に苦し、という感覚を持っている人が多いと思います。

しかし、こと施術に関しては、それは間違いだと、僕は考えています。

また、体操やストレッチも、痛みを感じるほどやっても、あまり効果がないです。

音楽家でも、身体の不調で、施術やマッサージに通われる方は多いと思います。

そういう方は、ぜひ一度、効果と痛みの関係について考えてみてください。

川浪式筋膜リリースはこちら。

音楽家のためのアレクサンダーテクニークレッスン東京